車のレザーシートのクリーニングに最適なクリーナーを教えてあげる♪

革シートの黒ずみ汚れが気になるなら必見です!!

 

車の革シートの汚れ落とし
最適な洗剤をご紹介します!!
ウワサ以上の実力におどろいたわ w

 

レザーシートの汚れが簡単に落ちる

 

私が今まで乗ってきた車はすべて革のシートです。
個人的に革のシートがすきなんですよね〜。

 

 

車に乗り込んだときの革独特のニオイだったり、布シートにはない手触りや
体を包み込むようなホールド感、しっかりと手入れをすると革に味がでるのも魅力です。

 

 

 

たまにファブリックシートの車に乗ると
生地内部に入り込んだゴミやホコリなどが
みょ〜うに気になるんですよね・・・
車内全体がホコリっぽいような印象を受けました。

 

 

 

革シートの車って車内のホコリが少ないんだ!ってそのとき気づいたんですよね。
革シートの車に乗っている方はキレイ好きが多いって
っ聞いたことがあったけどそういう理由だったんですね。

 

 

そんな
魅力的な革シートにも、ひとつだけ難点があるんです
ファブリックシートより手垢や黒ずみが目立つ!!

 

レザーシートの汚れ

 

お尻や背中が触れる部分はもちろんなんですが、
ドアの内張りやアームレストなんか
ほったらかしにしておくと汚れて黒ずんでしまって
ベタベタ気持ち悪い感触になっちゃうんですよ〜

 

 

革シートをキレイにする簡単な方法って
ないかな?と調べてみると

 


 

 

多くの輸入車オーナーさん達が同じ洗剤を使って
革シートの汚れを落としていることを知りました。
その洗剤が クイックブライトです!

 

クイックブライト

クイックブライトはアメリカで開発され環境にやさしい洗剤として世界各国で400万人以上が使っている家庭用洗剤。

 

主要成分がココナッツオイルで作られていて、特に油汚れを落とす力が強いことと、自然に分解される成分なので環境にやさしいのが特徴です

 

強力な汚れ落としのチカラがありながら、革製品自体にはとってもやさしいことで多くの革シートユーザーが汚れ落としの洗剤として使っているようです。

 

 

 

カバンや靴用の革用汚れ落とし剤は使えない!!

 

調べてみて初めて知ったんですが、
自動車の革シートは、カバンやソファー、靴などに使用されている革とは
表面処理がまったく異なっているんだそうです!

 

革表面にウレタンクリアー塗料が施されているんです。
塗装!ですよ。ちょっと驚いたw

 

これは真夏の炎天下で車内が高温になることへの保護や
強い紫外線からのダメージに耐えるための保護膜の役割を果たしているそうです。

 

 

この保護膜があるために、通常の革製品の汚れ落としや保護クリームは
使えないんですって!!!
逆に使ってしまうと黄ばみや色落ち、硬く変質してしまうなんてこともあるそうですよ!

 

 

 

革シートの汚れ落とし方法

 掃除機でシート表面に付着しているゴミやほこりを取り除く

 

ホコリやゴミが残っていると磨く際に革とこすれて傷の原因になります。
よく取り除きましょう

 

 

 クイックブライトをバケツに適量入れてたっぷりの水でよく泡立てる

 

洗車用のバケツ(20L)に大さじ一杯のクイックブライトをいれます。
水をたっぷり注ぎよく泡だたせましょう。

 

 

 布に泡を取りやさしく汚れた部分を磨く

 

泡で洗うように布にアワを乗せやさしくみがいていきます
力を入れるのは厳禁!!革のシワの内部にも染み込むようにゆっくりと!

 

 

 

 汚れをふき取り

 

吸水力の高いマイクロセーマーなどで、
水分と一緒に浮き上がってきた汚れを吸い取ります

 

ゴシゴシ拭くよりもマイクロセーマーや布に水分と汚れを吸収させましょう

 

 

 乾燥させて終了!!

 

半日ほどすれば残った水分も抜けて、革の色も明るさを増しました。

 

 

 クイックブライトを使った感想

 

 

クイックブライトで革シートを洗ってみて
こんなに汚れてたの・・・・?!って驚いた

 

 

革シートを拭けば拭くほど
バケツの水が真っ黒に変わるんですよ〜♪

予想以上にシートがよごれていたんですね〜〜〜〜

 

 

汚れがキレイに落ちました

気になっていたアームレストの黒ずみや
シートの膝あたりのくすみもきれいに取れて
大満足!

 

 

シートの色味が
一段明るくなったように感じます。

 

 

洗い終わった後もシートにはシワやシミ、ヨレなどができることもなくパンッと張りの強いシートになりました。

 

 

汚れをこすって落とすというよりは浮かせてくれるかんじなのでチカラもいらないし、
楽でしたよ♪

 

 

しっかり乾燥したあとは高級感のある深いツヤが出てきました。
テカテカしたツヤが嫌いなんでこれもうれしいポイントでした。

 

 

 

 

汚れ落としの能力の高さとシートへのダメージがない!
BMWやポルシェ販売店がクイックブライトを使うのも
納得です♪

 

 

 

詳細はこちら


フォレックス